賃貸に住む時に必要になってくることが多い手続きや書類関連まとめ

お金を払えばすぐに住めるわけじゃない

目ぼしい物件を見つけたとしても賃貸物件というものは、お金を払えばすぐに住めるというわけではありません。手続きや契約書の作成に加えて、必須書類の送付など何かとすることがあるからです。これから引っ越しなどをして、賃貸物件に住む予定の方は次のような手続きや書類が必要になってくることもありますので、その準備を早めにすると、いざ賃貸契約をする時に慌てる事も無くなってくるでしょう。また、書類に不備があると、再度提出や書き直しなど面倒な事も出てきます。

契約書の作成と、そこで必要になってくる保証人

そして、賃貸契約をする時には契約書を作成しますが、その作成には保証人のサインなども必要になります。契約書には個人の名前や住所の他、電話番号や勤め先などを書き、それに加えて保証人の直筆で書いたサインと印鑑が求められるのです。保証人の人数については、1名ないし2名必要ですので、賃貸物件を借りる時には契約書にサインをしてくれる保証人を見つけましょう。また、保証人は父親や母親など両親の名前でも大丈夫です。

書類として住民票・印鑑証明・収入証明が必要に

契約書の作成は、以上のように必要事項を記入して、保証人のサインがあればスムーズに作成できるでしょう。また、その後に今度は必要書類を不動産屋に提出することになってきますが、そこで必要になってくるものは住民票・印鑑証明・収入証明などです。収入証明は要らない所は多いですが、住民票と印鑑証明などは大抵の不動産屋で求められます。なので、役所が開いている時に行き、それらの書類を手元に揃えておきましょう。そして、契約書と書類を提出し、敷金礼金や家賃をまとめて払えば、無事賃貸契約が完了して住めるようになります。

賃貸物件を探す場合はエリア別の相場を知っておくとお得です。マンションの場合は特に家賃に大きな開きがあるので注意が必要です。