知っておきたい!賃貸住宅に住むメリットとデメリット

ライフスタイルに合わせて自由に住み替えられる!

賃貸住宅の醍醐味といえば、ライフスタイルに合わせて自由な住居が選べることでしょう。持ち家の場合は、ご近所とトラブルがあった場合でも、そう簡単に引っ越すことはできませんが、賃貸なら、新しい物件を見つければ気軽に引っ越せます。結婚、出産など、人生の様々なステージにおいて、より居心地のいい住居に住み替えも可能ですし、物件が老朽化しても、メンテナンスに頭を悩ませる心配もありません。自由度が高く、気楽に住めるのが嬉しいですね。

税金や経費の負担がない!

賃貸住宅は、住んでいる人の財産ではないため、固定資産税や都市計画税、修繕積立金など、土地や建物にかかってくる税金や経費を負担する義務はありません。ローンを組んで多額の借金を抱える必要もなく、月々の家賃さえきちんと払っていればよいのです。また、持ち家の場合は、土地の値段の変動に一喜一憂しなければなりませんが、賃貸だと関係ないですよね。経済面においてプレッシャーが少ないのも、賃貸住宅の良いところでしょう。

長年家賃を払い続けても資産が残らない!

賃貸住宅のデメリットは、何十年も家賃を払い続けたところで、資産として残るものがないということでしょう。一家の大黒柱がいなくなっても、家賃は払い続けなければなりません。また、部屋の一部を変えたくても、勝手にリフォームができないという不便さもあります。そのほか、長期で済み続けるのは難しいうえ、60歳以上になると、新しい物件を見つけるのが難しくなります。貯えが少ない場合は、将来的に不安を感じることになるかもしれませんね。

大きな地震にも耐えられる賃貸マンションを探しているなら札幌市清田区の賃貸マンションは、鉄筋コンクリートで造られているので強度があります。