知っておいて損はない!?注文住宅の相場とは

注文住宅を建てたいけどなかなか建てられない理由

注文住宅を建てることは一戸建て住宅を将来建てたいという人の多くの希望ですね。一戸建て住宅に住みたいという人のおよそ6割は注文住宅を希望しているのだとか。ただ、現実には一戸建て住宅に住んでいる人で注文住宅を建てた人は3割程度しかいないのだとか。残りのおよそ7割は建売住宅に住んでいるわけです。なぜ、注文住宅を希望しておきながら注文住宅に住むことが出来ないのでしょうか。それは注文住宅の費用が高いからですね。

注文住宅の費用はどれくらいするの?

注文住宅の費用は高いのはわかったけどもどれくらいするの?と疑問に思う人が多いと思います。平均値をまず知っておきましょう。全国平均はおよそ2800万円です。建物や外構などを含めたま価格で、それ以外に土地代がかかります。もちろん平均ですのでそれ以上安いところもあればそれ以上高いところもありますね。一番高いのは首都で平均およそ3500万円です。それに対して一番安い県はおよそ2200万円です。でも、この数字に対して少し疑問に思った人もいるのではないでしょうか?

都道府県で価格差がある理由とは

その疑問とは、田舎のほうが広い家なのになぜ面積が狭い都心部のほうが1000万円以上も高くなってしまうのかということです。これらの価格には土地代は含まれていませんので地価が高いか安いかは関係ありません。都心部の家は狭いのに高い理由は、狭い土地で建てる家は工夫をしないと建てられないから高いわけですね。極端な話、田舎で広い土地に平屋を建てれば価格はかなり安くなるはずです。ですが、都心部は建物を上に高くするしかなく、しかも緻密な計算で間取りを考えなくてはならず、設計も複雑になってしまうことが価格が高くなる理由の一つなのです。

家に対してこだわりがあるなら、注文住宅による建築が最適です。好みの間取りやインテリアを実現できるからです。